記事一覧

記事紹介

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

2014.04.28記者:吉田怜奈

【中小企業で働く学生を追う】営業で信頼を築くために2人が奮闘したこと

同志社大学経済学部1年生、古川大地(ふるかわ・だいち)さん(19)は、昨年8月から酒・食品の業務用卸売業務をしている株式会社マルヤマ(京都市右京区)でインターンシップを行っている。インターンを始めたきっかけは、昨年6月3日に行われたNPO法人日本アントレプレナーシップアカデミー(大阪市北区)の主催するインターンシップフェアで、マルヤマ営業部インターン生担当、武谷歩さん(39)の話を聞いたことだ。古川さんは「将来の海外営業の夢の実現のために、自分から提案する力をつけることができると思った」と振り返る。...続きを読む

2014.04.27記者:宮武由佳

『ありがとう』を伝えたい 9日に梅田でイベント

今年の3月9日「いま、ともに」というテーマのもと、「3.11fromKANSAI」が梅田スカイビルで開催される。学生通信社とのコラボ企画「ありがとうの木を育てよう~笑顔を伝えるメッセージ~」の発案者である野村浩輔(のむら・こうすけ)さん(36)に、発案したきっかけや関西での生活で支援を受けたエピソードを聞いた。
...続きを読む

2014.04.27記者:井上菜奈

大阪で新たな一歩をともに 震災復興イベント、9日に

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から今年で3年になる。東北から全国各地へ避難した人々、またその避難者に関わった人々にもさまざまな思いがある。新しい環境のなかで不安を取り除くことや自分の居場所を見つけることは容易ではなく、周囲からの助けが必要だ。桃山学院大学(大阪府和泉市)のサークル団体『あさがお』は“遊び”を通して被災した子供たちの「心のケア」をする活動や、避難者間のネットワークづくりを行ってきた。これまでの2年間の活動は何を残したのか。サークルを立ち上げた代表で同大学院社会福祉研究科修士課程2年生の築地佑人(つきじ・ゆうと)さん(24)に活動への思いを聞いた。
...続きを読む

2014.04.27記者:宮武由佳

この会社が好き!

「今の仕事が大好きです」笑顔でそう語るのは、株式会社コクミン(大阪市住之江区)のコクミンドラッグ心斎橋中央店で働く金蘭姫(きん・らんき)さん(26)。高校卒業後の2005年9月に留学生として中国から来日。在学中にコクミンドラッグでアルバイトを始め、やりがいを感じ新卒入社試験を経て2012年に入社。強い探求心、向上心の持ち主である金さんに学生時代の経験や仕事の魅力について聞いた。....続きを読む

2014.04.27記者:板谷祥奈

楽しいことに正直に

株式会社ゴリップ(京都市下京区)は、韓国料理サムギョプサル専門店「ベジテジや」を経営している。「世界中にサムギョプサルを伝える」を合言葉に、2005年に創業し、現在京都や大阪を中心に22店舗を展開。サムギョプサルのおいしさを日本に広めるため、30種類のトッピングと一緒に豚肉をサンチュで「包む」食べ方を提案してきた。谷村昌樹(たにむら・まさき)さん(25)は2007年から同社でアルバイトを始め、2011年に入社。ファストフード型店舗「サムギョプサルファクトリー」の事業部長を経て、管理本部部長として販売促進や顧客管理、広報に携わる。谷村さんに学生時代から現在に至るまでの道のりについて話を聞いた。....続きを読む

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

ページの先頭へ戻る