2012.11.09 21:43

関西からインターンシップの魅力を共同発信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記者:清水昭安

一人一人が自分に適したインターンシップを選べるイベント「INTERNSHIP SELECTION」が11月11日、大淀コミュニティーセンター(大阪市北区)で開催される。中小企業への長期インターンシップを提供するNPO法人JAEの学生支部「team-JCM」と、議員インターンシップを提供するNPO法人ドットジェイピーの関西支部の共催だ。中小企業への長期インターンシップを提供するJAEと、議員インターンシップを展開するドットジェイピー。
それぞれの団体でインターンシップ経験を経た学生同士が手を組み、インターンシップの魅力を共同で発信するイベントを立ち上げた。
主催者の一人の同志社大学2年の菅野 卓弥さん(19)は、大学1年の時に中小企業でのインターンシップを半年間経験した。そこで自分自身の実力や可能性を肌で感じることができた。同時に、インターンシップの魅力を知らない大学の仲間の多さに疑問を感じた。
「半年間の経験を、多くの学生に伝えたい。そしてインターンシップに自由に挑戦できる場を作りたい」と菅野さんは話す。

同じく主催者の同志社大学2年の中原志子さん(21)は、議員インターンシップを経験した後の進路に悩む仲間の姿に問題意識を持った。議員インターンシップを経験後、燃え尽きてしまう学生がいた。「既にインターンシップにチャレンジしたことがある学生も、新たにチャレンジできる場を作りたい。学生生活にはチャレンジの選択肢が山ほどあることを学生に伝えたい」と中原さん。二人の思いがひとつになり、この企画が誕生した。

イベントでは、インターンシップ受け入れ企業や議員が講演。さらに、参加者同士やインターンシップ経験者、講演者を交えた対談も用意されている。インターンシップを知っている人も知らない人も楽しむことができるプログラムだ。

今回のイベントに対しての意気込みを尋ねると、「身の回りのインターンシップにミスマッチが生じている。自分に最適なインターンシップを自由に選べる環境を生み出したい」と菅野さん。「生で経営者や議員と話をすることもできる貴重な機会がそこにある。五感でインターンシップの魅力を感じてもらいたい」と中原さんは目を輝かしながら話した。





【イベント概要】
日時:11月11日 13:00~17:00 (開場・受付 12:15より開始)
会場:大淀コミュニティーセンター
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016600.html
〒531-0074 大阪府大阪市北区本庄東3-8-2 06-6372-0213
参加対象:大学生(1年生~3年生)
参加人数:50人限定
参加費:無料
持参物:筆記用具、ノート、メモ
お申し込み:https://www.facebook.com/events/187313621405080/?fref=ts 

ギャラリー

記者プロフィール

田中茉希子

清水昭安

役職 : 前学生通信社代表
卒業 : 同志社大学経済学部
出身地 : 大阪府
誕生日 : 1991年1月17日
  • Facebook
  • Blog
  • Twitter

取材記事

ページの先頭へ戻る